URLを統一する

ドメインを取得して トップページのURLができあがると、 URLをwwwあり とwwwなしのどちらかを選択しなければなりません。 http: // www sample.com/ にするか http: // sample.com/にす るかの選択です。どちらの選択でも大丈夫なのですが、必ずどちらか一方で運用 してください。Googleはどちらの URL も区別しますので、どちらのURしでもアクセスできるように運営していると、 獲得したリンクも2つに分散してまうからです。 この問題はWeb制作会社も無頓着な場合がありますので、 SEOを意識する場合は必ずどちらか一方内部対策で統ーしてサイト運営をしましょう。どちらか一方に統一するには、サイトの中の .htaccess ファイルにアク セスして、 301リダイレク卜の設定を次のように行います。

検索エンジンはwwwありとなしを違うページとして評価してしまいます。

SEOのコンサルティングをしていて多い事例が「URLの不統一」です。「HOMEへ戻る」などのサイト内のリンクや、ほかのサイトからのリンクに記述されているURLがまちまちです。

たとえばサイト内のリンクで「HOMEへ戻る」のリンク先URLを「http://www.sample.com/」と記述しても、index.htmlと記述しても、同じようにトップページにリンクを張れます。しかし、検索エンジンは、このリンクをまったく異なるリンクとして認識するのです。せっかくキーワードを盛り込んだリンクをトップページに張っても、リンク先のURLが不統一だと、効果が半減してしまいます。URLの記述は必す統一するようにしましょう。

自分でサーバーを管理している中~上級者のなかには、「http://www.sample.com/ 」と入力しても、「http://sample.com/」と入力しでもサイトが表示される設定にしている場合もあると思います。この場合も、リンクはどちうかに統一しないとSEOの効果が十分に得られません。ちなみにとこで紹介したURLのそれぞれのPageRankを下にまとめてみました。SEOの実験が目的のサイトなので、あまりPageRankは高くありませんが、やはり「http://www.sample.com/」のPageRankが自然と高くなる傾向にあります。できればトップページへのサイト内外からのリンクは、すべて「http://www.sample.com/」に統一することをおすすめします。