SEOキーワード

キーワード広告においても十分な効果を得られますが、ここではさらに一歩先をいくワザを紹介します。それは、「SEOで対策をしているキーワードとは違うキーワードを選ぶこと」です。

たとえばSEOで「パスタレシピ」のキーワードである程度の成果を得られているのなら、キーワード広告では違うキーワードを選んでみるのです。「違う」といっても、それは「同じ意昧を指す違う表現のキーワードを選ぶ」ということです。この場合なら、「スパゲティ作り方」などがそれにあたります。ほぼ同じ意昧ですが、こちらのキーワードで検索している人も少なくないでしょう。このようにして、SEOで成功しているキーワードとは異なるキーワードに広告を出していくのです。さらにできれば「たらこスパゲティ作り方」「ナポリタン作り方」「明太子スパゲティ作り方」と細かなキーワードを設定しましょう。スモールキーワードは入札額が低い傾向にあるので、広告費を有効に活用できます。

あえてSEOと同じキーワードを選ぶ

「SEOで成功しているキワー刊訂正広告を出さなくてもいい」と解説しましたが、それとは逆をいくワザを紹介します。部の企業では、SEOと同じキーワードに広告も出しています。これにより検索結果のページに上位表示されるばかりか、右側の広告のスペースにも広告を掲載できるようになります。検索結果の画面をできるだけ「占拠」しよう、という企みです。

これは同じポスターを何枚も駅の広告スペースに貼ったり、電話帳により大きな広告を出したりするのと似た効果を狙っています。もし予算に余裕があるのなう、SEOと同じキーワード、遣うキーワード、両方で展開してみるのもいいでしょう。