CSS

SEOの効果を活かしつつ大きさを変更できる

SEO対策においては、キーワードを強調するときに<h1>タグ、は必須ですが、<h1>タグを使うと文字が非常に大きく表示されてしまいます。いくらSEOのためとはいえ、ページの見栄えを犠牲にする必要はありません。<h1>タグで強調した文字は、CSSを使って大きさを調整しましょう。

CSSを使えばHTMLでは<h1>タグでキワードを強調したことになっていても、表示される文字の大きさを変えられます。初心者には八一ドルが高いかもしれませんが、数行のタグを記述するだけの簡単な作業です。

ただし、<h1>タグを<h2>タグより小さくするような、本体のタグの機能に合わないことはしないでください。検索工ンジンがHTMLのルールにそぐわないページだと判断して評価を下げてしまうととがあります。ロボッ卜も最近はCSSで記述された内容を収集するようになっているので注意してください。