セカンドブログで、日本語運営オールドドメインを活用するのは、質と時間を買うということです。言語の境界線は、インターネットがいくらグローバルだからといって、払拭することはできないものです。

英語などの日本語以外で運営されたドメインではなく、日本語で運営されたオールドドメインをセカンドブログでは活用するべきです。時間を買うということは、昨日今日公開されたウェブサイトのドメインよりも、長年運用されたウェブサイトのドメインの方が実績があるからです。

これは信用度が高いと評価されます。私達の現実の社会でも、実績が評価されることと理屈は同じなのです。質を買うということは、すでに高く評価されているドメインであったり、自分の会社のウェブサイトでは獲得が見込めないページランクの高いウェブサイトからの被リンクがされているためです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。