「キーワード」を検索ロボットに知らせるためのタグです。 「.」 の 部分にサイトのキーワードが入り、複数の場合は間にカンマ 「, 」を入れて区切ります。実は、キーワードタグは、SEO内部対策では必要なくなったとの見方もあります。

「サイトの説明文」を検索ロボットに知らせるためのタグです。 「.」の部分に説明文が入ります。この「・」が検索結果画面で表示されます。120文字前後で文章を構築しましょう。

ちなみに、これら先頭に“meta” と付くタグは「メタタグ」と呼ばれます。このメタタグの設定を適正化すれば、タイトルタグほどではないにせよ、相当な効果が得られます。ただし、タイトルが良くても、この部分の内容を見てアクセスを避けるユーザーも少なくないので、表現には注意が必要です。

メタディスクリプションはタイトルタグと同様に検索結果にそのまま表示されるので、ユーザーの気を引きながら、かつ簡潔な表現を心がけることが大切です。
なおメタタグの場合は、「キーワード」も「説明文」も前半に記述されている内容が重要視される傾向があるので、検索ロボットやユーザーに真っ先に伝えたい事項やキーワードは、必ず前半部分に記述するようにしましょう。 そして最も重要なポイントは「タイトル タグ」と説明文を設定する “description” に、必ずキーワードを挿入すること。つまりタグの内容のすべてに単語を滑り込ませておくことです。これによって 3つのタグが 1本の線でつながり、検索ロボットの認識を助けることにつながるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です