Googleのような検索サイトで検索に入力される言葉より、本質的な検索意図を推しはかっていく必要があります。その際、検索意図として「案内型(例えば「Yahoo」「Twitter」等)」、「情報収集型(例えば「横浜 天気」「仙台駅 時刻表」など)」、「行動型(「車 下取り」「求人 パート」など)」という3パターンに分類することがよく行われます。なかでもWebページ構築には行動型をベースに行うのが一般的です。その構築の流れを実例に沿って説明していきたいと思います。例えば「求人 アルバイト」と検索されたとしましょう。検索サイトの利用ユーザーとして、思い浮かぶのは「アルバイトで『○○』を購入したい人」や「バイトからいずれ正社員へ採用されたいと願う人」などいろいろ考えられるでしょう。自分がWebサイト運営者でこのような利用ユーザーを対象にしたテーマを検討しようとすれば、購入したい「○○」を特集したページ作りができれば集客に寄与することができるでしょう。このように本質的な意図(欲求)を探る上で参考になる説として「マズローの欲求5段階説」というものがあります。これは、人間の欲求には一番ベースとなるものから順に「生理的」、「安全」、「社会的」、「尊厳」、「自己実現」が挙げられるという説です。この説と照らし合わせながら本質的意図を検討していくのが良いと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です