ホワイトカラーを中心とした業務を毎日繰り返しているというデスクワーク中心の会社のほとんどの業務内容としては、情報検索、データ収集、入力、比較、編集、そして定型的とも言えるシステム操作といったものの組み合わせであると言えるでしょう。RPAというものは、そういった決められた一連の作業などを自動化することができるシステムであると言えるでしょう。導入の条件としては、事前に作業の判断基準というものが明確になっているということでしょう。RPAは現在「知的単純作業」と呼ばれるような、以前では人が行うしかなかったような業務をも対象として導入が進められているようです。もちろん、人が行ってきた知的作業というのは、単純なものばかりではなく、作業内容によっては、状況別に判断基準を設けなければならないという場合があったり、マニュアルに表示されていないような暖味な判断を必要とする場合など、経験などによって最適な判断をしなければならないといった場合も多くあるでしょう。このように確実な正解がどれかわからなかったり、明確な課題というものを追求しなければいけない場合、状況に応じて判断しなければならないと言う複雑な意思決定が必要になるでしょう。現時点ではこういった業務へのRPA導入は困難と言えるでしょう。こういった複雑な業務以前のルーティンワークなどの段階での導入をするため、ロボットが代替可能な作業とそうでないものとの区別を明確にしていくことが、人とロボットの相互能力の向上をはかり、生産性を上げていくための取り組みが多く見られるようになっているようです。ディープラーニングや機械学習により、AI技術の発展が目覚ましい今、それ以降の実用性の向上も大きく期待していけると言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です