Google AdWordsもYahoo!リスティングと同様に、指定したキーワードに対する検索結果やキーワードに関連するページにのみ広告が表示される仕組みになっています。
基本的には、広告をクリックした場合に料金が発生します。
1日の上限予算も設定できるので、あらかじめ想定した広告予算の範囲で宣伝をすることができます。
Google AdWordsは、Googleの検索結果以外にも、大手ポータルや専門サイトなどのパートナーサイトにも簡単に広告を掲載できるので、広告の露出が大きく増えます。
ほかにも地域のターゲット設定で特定の地域に限定した広告を出すことができたり、ローカル広告など、企業や店舗をGoogleマップに表示させたりすることもできます。

Googleの検索結果の表示画面に大きくふたつ掲載枠があります。
例えば、中古車で検索した場合、メインコンテンツ側に3つの広告が掲載され、右サイド側に7つの広告が掲載されています。
掲載される数は、入札の有無に関係しているので、キーワードごとに掲載数が異なります。
アイトラッキングシステムでユーザーの視線の動きを分析すると、Googleの場合は、右サイド側の7つの広告のほうが、メインコンテンツ側よりも見られるというYahoo!JAPAN とは逆の結果になっています。
Google AdWordsを出す場合には、広告枠の中で4位~ 10位に掲載されるように入札したほうが効果が出やすいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です