【サブキーワードの補完】
次に、SEO対策を行ったWebサイトのサブキーワードを補完するための広告出稿も考えられます。
SEO対策ではサイト内に埋め込めるキーワードの数には限界があります。
サブキーワードとして拾い切れなかったキーワードを、検索連動型広告で補うことで、アクセスの守備範囲を広げるという手法があります。
アクセス数は、「広く浅く」集めたほうが、効率良く集められる場合もあるのです。

【あらゆるキーワードを設定】
予算に余裕がある場合に限られますが、「メインキーワード重視」と「サブキーワードの補完」の両方を行えば、当然成果は上げやすくなります。
しかし 、安易にあらゆるキーワードで広告を出すのではなく、毎月の広告費を10万円なら10万円というように、キッチリと上限を決めて運用するほうがよいでしょう。
事前にいくら必要なのか分からない広告費の稟議は通りにくいので、検索連動型広告を出す際には、管理画面であらかじめ決めておいた予算を上限として設定してください。
そうすれば、社内で広告費の承認を取る際にも説明しやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です