【メインキーワード重視】
メインキーワード重視は、これまでの章で導き出したメインキーワードを、より強くするための広告出稿になります。
キーワードの人気が高く激戦区の場合、SEO対策だけでは、効果が出るまでに時聞がかかったり、最悪の場合は掲載順位が上がらなかったりすることがあります。
そのような状況が想定できる場合には、効果が出るまでの間の「つなぎ」の施策として検索連動型広告を使うこともできます。
また、思うように成果が出ない場合には、「保険」のような使い方もあります。
しかし、これにはSEO対策で設定するキーワードの難易度を見極める目が重要になってきます。
さらに、月間検索数の多いキーワードや人気のキーワードの場合は、入札単価が高騰してしまいがちなので、メインキーワードはできるだけSEO対策で効果を出したほうが、コストパフォーマンスが高くなるということを覚えておきましょう。

※メインキーワード重視のメリット・・・激戦区のキーワードSEO対策を補える
※メインキーワード重視のデメリット・・・人気のキーワードは入札価格が高騰しやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です