SEOに取り組んでいく際に、気を付けなければならないのは上位表示をすることが 最終目的ではないということです。どれだけ検索結果で上位表示をして、webサイトに訪問する人が増えても、「商品が購入されない」「問い合わせがない」ということでは、商売として意味がありません。商品やサービスと関係のない「キーワード (検索に使われる言葉)」での上位表示や、誰も調べていない「キーワード」で上位表示をしても、商品の購入や問い合わせにはつながりません。意味のあるキーワードでの上位表示が必要なのです。 SEOに取り組み始めると「とにかく上位表示をすること」が目的にすり替わってしまいがちです。しかしSEO は、 商品を売る、顧客を増やすなどの目的を達成するための手段のひとつにすぎません。ほかの手段としては、インターネット広告やSNS(ソーシャルメディア)などもあります。
SEOに取り組む必要があるのか、その理由をしっかりと意識し続けましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *