私が用語のページを用意した方が良いと考える理由は2つあります。

1 つは、インターネットを「辞書代わり」に使っている人を自分のサイトに取り込むためです。資産運用関係の用語で検索をかける人は例えば、「お金を増やそう!」というタイトルのホームページにも興味を持つ可能性が高くなります。つまり、用語で釣って、本命のコンテンツに誘導できるわけです。

もう 1つの理由は、用語集はページを増加させやすいためです。ページ数を増やせれば、サイトのテーマに即した内部リンクが増やせ、その結果、検索エンジンの評価がアップします。

このように、用語をキーワードにしたページを作ることはブログの集客に大きく役立つのです。

では 、この「用語集Jというコンテンツは、ど うやっ て作ればいいのでしょうか?
もちろん、 普通に記事を作成してもいいのですが、その際に用語のタグを正確に使えば、検索エンジンにと っても理解しやすくなり 、評価が上がる可能性もあります。
では、用語のタグはどのように使えばいいのでしょうか。

①用語名を「dtタグ」、その用語の説明文を「ddタグ」で囲んでいきます。そして全体を「dlタグ」で囲みます。

②記事を投稿すると、diタグ、dtタグ、ddタグの部分の書体が変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *