ヤフーでは近年からコピーページ、コピーサイトに対するペナルティが厳しくなりました。これは同じ内容のページやサイトは価値がないという判断によるものと考えられます。

特にはっきりしているのが、文章、内容がまったく同じで地域名だけが違うペー ジが1サイトの中にたくさんある場合です。これだとコンテンツのほぼ90%以上が 同じになるので、順位の下港どころか、検索エンジンから削除される恐れもありま す。 対処法としては、ページそのものを削除するか、文章を全体的に書き替えるかの
どちらかになります。多くのそのようなページが存在している場合、ヤフーではこ のような“手抜き”サイトは認めていないので、そのまま放置しておいてもサイト全
体が悪影響を受けてしまいます。もったいないと感じるかも知れませんが、何らか
の対策を講じておきましょう。 また、次のような場合も多くあります。

・同じ特定商取引法表記が数多く存在している

・リンク集でのリンク方法などの共通した表記が数多く存在している

特に多数の商品を販売している場合に、「見やすい位置に特定商取引法の表記が 合った方が良いだろう」という考えで、ほとんどのページ下部に同様の記載がなさ れる場合があります。まったく悪気はなくてもこれはSEO 的には危険な行為です。 またリンク集ページがたくさんある場合も、同様の記載が各ページに含まれてい ないか注意する必要があります。これらはどこか 1 ~2 か所に表記して、他ページ からリンクすることで対応しましょう。
これらはどこか 1~2か所にまとめて表記して、他ページからリンクすることで 対応します

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *