コンテンツを作り始める前の段階で、どのコンテンツをどこに配置するか、サイトの全体像をイメージして設計図を作ります。各コンテンツが整理されていると、サイトを訪問してくれるユーザーにとっても、検索エンジンのクローラにとっても、 親切なサイトになります。

また、運営するサイトの性質によって、必要なコンテンツは変わってきます。外部の決済サービスを利用して自社商品の販売を行い、販 売と同時にブログで商品の情報提供を行うサイトを例にすると、

・トップページ・商品カテゴリのトップページ・商品カテゴリの各商品ページ・プログの各ページ・サイトマップ (HTML. X ML)・お問い合わせページ・個人情報保護方針・特定商取引に基づく表示・決済に関する各ページ

などがサイトを運営する上で必要になるページとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です