URLの文字列については、SEOとの関連性についてあまり知られていませんが、評価対象の中のひとつと言われています。もし既にアップロードしているページであれば、わざわざ変更する必要はありませんが、今後作成していくうえでは、このレッスンの内容を頭に入れて作成するようにしましょう。主下に、ポイントを挙げていきます。

POINT 1 URLの文字列は上位表示させたい単語と関連性のあるものにする

仮に「アルゴリズム」というキーワードで上位表示したければ、「algorithm」 という英単語を用いた方が有利です。

POINT 2 POINT 1 を考慮した上で、文字列は短くする

例えば「アルゴリズム」というキーワードで上位表示を考えているならば、無理に「algorithm」の綴りを短くして、「algo」のようにする必要はありません。しかし「アルゴリズムです」「 algorithmdesu」のように、ページ内容と関連性がない場合は、短くしたほうがよいということです。

POINT 3 アンダーバー「_」よりもハイフン「・」を使用する

特筆すべきこととして、Googleがハイフンの使用を推奨しています(Yahoo!とMSNについては、特に発言はありません)。ハイフン「-」とアンダーパー「_」では、実はその意味合いは異なります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *