被リンク数が検索順位に大きく影響しており、 SEOを行う上で、切っても切り離せない作業であることは覚えておいて欲しい。常に検索結果で高い順位をキープし続けて、参入障壁を上げて競合他社を突き放すためには、これから紹介する地道な作業が、後々からボディブローのように効いていくのである。

検索エンジンとSEOというのは、常に敵対関係になっている。 検索エンジン側は、常に お客さんに適正な検索結果を見せるというのに躍起になっているし、ホームページの運営者側はなんとしても自分のホームページを検索結果で上位に表示させてやると頑張っている。 そこの歪みが最もあわられているのが、この被リンク である。検索結果には、この被リンクの数が非常に強く影響してくる。大雑把な言い方をさせてもらえれば、被リンクの数が多いホームページが上位に表示されるし、逆に被リンクの少ないページが下のほうに回ってしまうのだ。

ホームページの内容を無視して、ただ被リンク数が多いのを検索結果で 有利にするというルールでは、意図的に検索結果をコントロールされて、 検索エンジンとしての利用価値がなくなってしまうのである。 実際の話、検索エンジンは数年前まで、この被リンク数のせいで、検索結果が非常に荒れた時期があったのである。
そこで検索エンジン側は考えた。 被リンク数以外にももっといろいろな審査基準を作ろうということで、 被リンクに対して厳しいルールを設けることになったのである。 そして最近では、検索エンジンは大きく分けて審査基準を設けて、 被リンクに対応するようになっている。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *