部分一致、完全一致で

なんでも表示してしまう「部分一致」

「パスタレシピ」というキーワードを登録すると、検索エンジンの利用者が、「パスタ レシピ」 「パスタのレシピ」「レシピ パスタ」簡単なパスタのレシピjなど、どの組み合わせで検索しても広告は表示されます。このようにキーワードをスペースで区切って登録することを「部分一致Jと呼びます。キーワードをどん芯順序で検索しても広告を表示できるので、とても便利です。しかしこのメリットが、そのままデメリッ卜になってしまうとともあります。極端な例ですが、11¥スタおいしく芯いレシピ」で検索したときにも広告が表示されてしまうのです。どんな組み合わせでも表示されるので、キーワードによっては、利用者の検索目的と広告の内容がマッチしないケースが発生するようになります。そこで登場するのが「完全一致」です。完全一致を使うと、その順序で、複合語の聞にどんな言葉も挟ま芯いで検索したときにのみ、広告を表示できるようになります。[パスタレシピ][レシピパスタ]の完全一致で登録しておけば、そのキーワドで検索したときにだけ広告が表示されます。

基本は部分一致で、完全一致でコンバージョンを上げる

最初のうちは、キーワードを部分一致で登録しましょう。完全一致で登録すると、場合によっては広告がほとんど表示され芯いということにもなりかねません。

慣れてきたら、目的をもって完全一致も使ってみましょう。たとえば新品の力メラを販売している場合は「キヤノンデジ力メ」などメーカー名を入れたり、「デジ力メ人気」「デジ力メランキング」などを完全一致で登録したりすると効果的です。

なお、一般的芯傾向としては完全一致のほうが検索数も少なく、競合も少芯いので広告費を抑えられます。