登録したキーワード

毎日チェックして苦戦しているキーワードを見つける

広告は出しっ放しというわけにはいきません。ライバルサイトの登場や、流行キーワードの移り変わり芯どで、状況は毎日変わっていきます。自分が登録したキーワードがアクセスを集めているか、スポンサードサーチの管理ページでチェックしましょう。チェックする内容と基準をまとめてみました。下の画面を参考にチェックしてみましょう。1つ目は「クリック率jです。0.5%を下回るようだと、広告テキス卜に問題があると考えられます。読んだ人が思わすクリックしたくなる文章に改善しましょう。

2つ目は「平均掲載順位」です。Yahoo!JAPANでは画面上部には最大4件まで、画面右側には8件までの広告が掲載されます。4~5位程度の平均掲載順位が取れていれば、検索結果画面の1ページ自に表示され、クリック率も高まります。入札価格と相談しながら、細かく調整しましょう。

3つ目は「インプレッション数jです。表示回数が0に近ければ近いほど、キーワード自体の人気が低いということになります。キーワード選択画面を利用して、1ヶ月の予想検索数が30,000以下で、かつ人気の高いキーワードを選びましょう。