日本語ドメイン

日本語 ドメインの場合、 日本語のままアドレスバーに 入れても Googleは特殊なコードで変換して日本語でもURLが間違っていなければホームページを表示して くれます。 Googleはコード の ドメイン URLでも日本語ドメインのURLでも同 じURLとし て扱い、ページランクや被リンクの分散はしないと発表しています。

日本語URLには メリットと デメリッ卜 があります。大きなメリッ卜は、ア
ンカーテキス 卜がなくても URLのリン クだけで 「ア ンカーテキスト」ができ
てしまう ことです。デメリ ットは、 ドメイン自体がアンカ ーテキストになっているため、 ドメイン以外のキ ーワー ドで 上位表示を狙う場合、 ドメイン名 が邪魔を してしまうと いうことです。ですから、 1つの日 本語ドメインによる複合キーワー ドの ロングテ ール戦略は苦手で、上位表示 したい複合キーワードごとに日本語ドメインを取得 して上位表示を達成 しているサイト 運営者も見られます。

Amazon やWikipediaで見られる 日本語URLは、 日本語URL変換ツールを使うと 98 %と数字」に 置き換わった文字に変換されます。
たとえば「鉄道」というファイ ル名を URL変換する とr %e9 %89%84 %e9 %
81 %93 Jとなりま す。さら に、r %e9 %89%84 %e9%8 1%93Jで検索すると、ちゃんと 「鉄道」の検索結果が表示されます。このように、 「 鉄道」と r %e9 %89 %84 %e9 %81 %93J はURLでは全く同じに扱われます。 日本語URLもSEO効果があり、Face bookページを作成した時に短いURLを作成せずにSEO対策効果を狙っ て日本語URLのまま運営するという方法もあります。

おすすめサイト:SEO対策の東京SEOメーカー