広告テキスト

広告テキストが勝負

キーワード、選びが終わったら、広告テキス卜を作成します。キーワード広告では、この広告テキストが成果の明暗を分けます。入力できるテキストの量は、タイトルは全角15文字以内、広告テキストは全角で33文字です。半角でも全角でも1文字と数えるので、見やすいほうを使いましょう。重要なポイントは、タイトルにキーワードを入れることと、広告テキストに説得力のある文言を含めることです。

タイトルの付け方のコツは、SEOの対策と同じ感覚です。77ページのワザ38などを参考lこ、キーワードを盛り込んでみましょう。

広告テキストは、誘導するページのウリを説明し、そのページを見ると利用者はどうなるのかをイメージさせるという構成が、基本形であり有効です。広告テキストは、リンク先のページに対応した内容でないといけません。広告テキストの編集方法は、次ページで解説しています。

「安さがウリ」「量がウリ」「質がウリ」「新しいのがウリ」「情報の豊富さがウリ」と、誘導するページのウをしっかり強調して、そのウリが利用者にどんな利益をもたらすのかを訴えましょう。

広告に盛り込むと説得力のある文言は、「送料無料」「プレゼント」芯どのお得感があるものです。ほかにも「夏パテを防ぐパスタのレシピってつ」芯ど、疑問文の広告テキストや、下に挙げるようなパターンがあります。時聞があれば、Overture公式のラ二ングポータルをチェックしてみるといいでしょう。