広告のリンク先

リンク先はトップページである必要はない

キーワード広告からのリンクはと、のページ、に張っていますかっ自分のサイトのトップページに張っている人が多いのでは芯いでしょうか?しかし、キーワード広告の恩恵を受けるためには、トップペジでは十中八九、訪問者を満足させられないはずです。「最初にアクセスしたページに訪問者が満足する内容を用意する」、この考え方はキーワード広告だけでなくSEM全体において重要なことです。

訪問者が最初にアクセスするページは「ランテ、イングページ」と呼ばれます。このランデイングページを、訪問者の二一ズに合わせてわかりやすくすることをLPO(Landing Page Optimization:ランデイングページ最適化)といいます。

訪問者にとって不要なものは見せない

「地元ならではの焼酎がウリですjと広告いたのに、アクセスしたら酒屋のサイトのトップページ、だったとします。ビール、ワイン、日本酒、ウイスキー、梅酒、焼酎、さらに百長日記にリンク集……。焼酎が目的でアクセスした人にとって、焼酎以外の情報は不要です。との酒屋サイトが酒の種類ごとにカテゴリ一分けをしているのなら、先の広告は焼酎のカテゴリ一ページにリンクを張るべきなのです。「魔王」なと、の商品名を広告で~ð~っているのなら、魔王の商晶紹介ページに直接リンクを張るべきです。このように、広告テキス卜に興昧をもってアクセスした人のニーズに直接応えられる内容のページを用意するのが、LPOの基本であり鉄則です。

スポンサードサーチでは、表示するURLとリンク先のURしを別々に設定できるようになっています。URLの変更方法は、手順4を参考にしてください。せっかくの機能なので、十分に活用して広告テキストとランデインクページをマッチさせましょう。