リンクの質を評価する

SEOでは、より人気の高いページからのリンクは 、より高く評価しよう という考えがあります。リンク分析アルゴリズムは、リンクの数だけでなく、 1本の価値 も考えます。それがリンクの質という考え方です。 リンクの質とは、同じ1本のリンクでも 、よ り人気の高いページからのリンクには、そうでないリンクよりも価値を持たせようということです。
リンクの数の論理でいえば、さきほど説明したとおり、ページA の方が価値があるページです。しかし、ページBにリンクを張るペー ジ0とPをみると、それぞれ50 本の リンクがありますね。対してページAにリ ンクを張る XとYはlつのリン クもありません。そのため、この場合はページAよりもページBの方が重要度が高いと判断するのです~
PageRank の初期の論文で公開されている公式に基づいて計算すると、実際にページB の 方が点数が高くなります。リンクの「数」と「質」による評価では不十分だった ここまで、SEOでは リンクの 「数」と「質」に着目してページの重要度を推し量っているという説明をしてきました。そ して過去のGoogle PageRank もこの2つ誌を用いたアルゴリズムを持 っていまし た。
しかし、リンクの「数」 と「質」を考慮して重要度を算出する というアプローチは 、検索ユーザーにとって必ずしもベス トではないことが次第に明らかになってきました。
理由は、数と質を考慮したリンク分析アルゴリズムは、いわば各々 のペ ージの「インターネッ ト全体における重要度」を数値化するため の手法なのですが、これが特定の話題について検索するユーザーにと っては必ずしも適当な指標ではないことがわかってきたからです。