ビッグキーワード

SEMでもキーワード選びがキモ

SEOにおけるキーワードの重要性について解説しましたが、検索されたキーワードに連動して表示されるキーワード広告においても、SEOと同様に「アクセスを集めるキーワード」を選ぶことがとても重要です。SEOと異なるのは、広告費が発生することと、選んだキーワードによって広告費が増減することです。1日あたりの予算の概算を出しましたが、キーワード選びのポイン卜を紹介します。

予算をあっという聞に消費するビッグキーワード

キーワード選びの原則は、「ビッグキーワードを選ばない」ということです。ビッグキーワードは多くの人が広告を出したがるので、クりック単価が高くなる傾向にあります。最初のうちは、クリック単価の上限は100円程度を目安にしましょう。

ビッグキーワードの中には、クリック単価が2.000円以上もするものもあります。1日あたりの予算が9.000円な5、4人のアクセスを誘導したところで予算を使い切ってしまい、翌日まで広告が表示されなくなります。この4人のうち1人が買ってくれるとすると、コンパージョン率は25%ということになりますが、コンパージョン率は1~2%で上出来とされ、25%もの高いコンパージョン率を毎日維持することはます不可能です。

広告費がふんだんにある大企業の高額な入札争いに参戦する必要はありません。それよりもキーワード選びや広告テキストを工夫することに力を入れましょう。「サッカー」や「イタリア」などのビッグキーワードでは、訪問者の目的もまちまちです。自分のサイトに興昧をもっている人だけでなく、興昧をもっていない人にまでお金をかけてしまうのはもったいない行為です。