キーワード広告

目的は多くの人の目に触れること

キーワード広告は、クリックしてもらうことだけが目的ではありません。自分のサイトや会社の名前、商品やサービスの名前、キャッチフレーズなどを多くの人の自に触れさせてアピールすることにも使えるのです。このワザの狙いはアクセスを集めることではありません。広告のタイトルや広告テキス卜に「00ならxxショッブ」「00が豊富なxx商店」など、サイトのウリを表記するのです。

このように話題の人・もの-事件などに興昧をもっている人たちに、広告をアピールしましょう。ただし、サイトと関係ないキーワードでサイトに誘導すると、品質インデックスが低下してしまうので注意してください。

イメージ作戦は別広告グループで

イメージ作戦のキーワード広告は、通常のキーワード広告よりもクリックされにくいため、どうしてもクリック率が低下し、その結果品質インデックスが低くなってしまいます。そのため、イメージ作戦に使う広告は、別の広告グループに分けて管理しましょう。